無利息

キャッシング利用中に障害をおったら?

キャッシングを利用している時に障害を負うと支払い義務がなくなることがありまああす。
キャッシングには、保険があります。
そちらの保険で補う事が出来ます。

キャッシングの他にもクレジットの支払いにも同じことが言えます。
この事は、昔の事になります。
今は、金融庁からの指導でこの事が禁止になりました。

今は、相続者や保証人が支払う義務になります。
必ず、相続が支払いをすることはありません。
支払いを拒む場合には、遺産の相続を破棄すれば支払いの義務はなくなりますが一度弁護士の方と相談されるといいでしょう。

この事で揉めることは誰もが嫌な事になります。
誰もが借金を抱えたくないと思います。
もし、このような状態になった場合にはしっかりと遺産の整理をすぐに行い正負の遺産を明確にしておきましょう。

支払いの期限は、3か月になっています。
これは、法律で決められています。
色んな手続きを行うとあまり時間がありません。

時間がないので、スムーズに手続きを行わないと返済期限が遅れることになります。
もし、遅れてしまうと催促されることがありますので注意してください。
この場合は、重度の障害とクレジット名義の本人が亡くなった場合についてご説明しました。

このページの先頭へ