無利息

キャッシング利用中に死亡した後の返済

キャッシングを行っていた本人が亡くなった場合には、一体誰が返済を行うのでしょうか。
それは、返済の保証人が要る場合には保証人が返済を行います。
しかし、キャッシングの場合は金額が少額となっている場合があります。

その時は、遺産を相続された方が返済を行う必要があります。
金額が多くなければ遺産を相続された方が返済を行う事になります。
その時の問題点は、借金があるかどうかはすぐに判明しないことがあります。

消費者金融から借りられている方もいますから中々周りの方にはわからないことがあります。
返済が行われていないと電話や通知で送られてきます。
電話や通知が来ることで初めて、借金があることを知られる方がほとんどになります。

遺産を相続の場合は、3か月以内に承諾をしなければなりません。
そうなると、あまり時間がありませんので注意してください。
また、キャッシング会社によっては保険に加入されている場合があります。

その時は、キャッシングを行っていた本人が亡くなると返済の義務がなくなることがあります。
また、相続を辞退や破棄を行う事で借金の支払い義務はなくなることがあります。
トラブルを防ぐには、弁護士と相談して決めるといいでしょう。

このページの先頭へ